Taka INDONESIA diary

2018年5月から、インドネシアに住んでいます。コロナ前はジャカルタとスラバヤを行ったり来たりしていましたが、今はスラバヤに居ます。

バリ州からの休暇後にオミクロンに陽性の2人のスラバヤ居住者:彼の状態は無症候性です

さっき スラバヤで初めてのオミクロン感染者が発見された事をアップしましたが、

今度はバリ島帰りの2名の感染者が有った。

と発表が有りました。

検査条件.方法が慣熟してきた結果かもしれません。


コロナウイルス

保健省バリ島からの休暇後にオミクロンに陽性の2人のスラバヤ居住者:

彼の状態は無症状です
2022年1月2日 日曜日20:58

保健省(Kemenkes)は、スラバヤでのCovid-19のオミクロン変異体の局所感染の2つの追加症例を記録しました。

 

これらの追加により、インドネシアのオミクロン症例の総数は138件と記録されました。

知られているように、135のケースは輸入感染されたケースであり、3つのケースはローカル感染です。

保健省のワクチン接種のスポークスマンであるSitiNadia Tarmizi博士は、

スラバヤの2人の住民はバリへの旅行の記録があると述べた。


保健省のウェブサイトから引用した日曜日(2022年1月2日)、

「最新はスラバヤに住む2人で、

2人とも家族と一緒にバリ島で休暇を過ごしたことがわかっている」と述べた。

「2人の患者の状態はうまく処置されました。」

「彼らは2人とも病院に避難させられ、隔離されました、彼らの状態は無症状です」とナディアは説明しました。


政府は現在、州および地区レベルでのCovid-19感染のリスクの増加を監視しています。

ナディア氏はさらに、オミクロンの亜種は感染率が高く、深刻な病気のリスクが低いと付け加えました。



しかし、状況は急速に変化する可能性があるため、国民は警戒を怠らない必要があります。


f:id:TakaINDONESIA:20220103000915j:image

 

保健省(Kemenkes)は、スラバヤでのCovid-19のオミクロン変異体の局所感染の2つの追加症例を記録しました。

 

このため、予防と管理の取り組みおよびその他の緩和の取り組みを継続する必要があります。

「この地方の感染事件の発見により、

政府は再び国民に移動を減らすように注意を促し、要請します。」

「人ごみを避け、常にマスクを着用してください。」

「ワクチン接種を受けていない兄弟姉妹をすぐにワクチン接種に招待しましょう」とナディアは説明しました。

 

国民は海外に行かないように忠告されています

保健省のウェブサイトによって報告された政府は、オミクロン変異体の感染を防ぐために海外に旅行しないよう人々に促しています。

これは、現在インドネシアに存在するオミクロンの症例は主に海外旅行者によるものであるためです。

 

Siti Nadia Tarmiziは、感染のリスクが高いため、彼女の部署はインドネシア国民の海外旅行を延期することを再度思い出させたと述べた。

海外にいる場合は、健康プロトコルに従ってください。

 

彼はまた、オミクロンの症例がインドネシアで局所感染したことを思い出させた。

国民は用心深く、健康プロトコルに規律を保つよう求められています。

「地域での感染のリスクもすでに存在していることを意味する、局所感染の症例も特定したことに注意する必要があります」と彼は説明しました。

(Tribunnews.com/Nuryanti)

©2022。TribunNewsネットワーク。