Taka INDONESIA diary

2018年5月から、インドネシアに住んでいます。コロナ前はジャカルタとスラバヤを行ったり来たりしていましたが、今はスラバヤに居ます。

2022年にブースターワクチンの候補となる5つのCovid-19ワクチンブランドです。

あけましておめでとうございます。

昨日は(非合法)ブースタワクチン接種を

アップしましたが、

新年 1月となり、

いよいよ 正式にブースター接種が

始まりそうです。

 

Kompas.com National News
2022年にブースターワクチンの候補となる5つのCovid-19ワクチンを知る
Kompas.com、2021年12月30日

ジャカルタ、KOMPAS.com-

食品医薬品監督庁(BPOM)は、

5種類のCovid-19ワクチンがBPOMの

追加ワクチンとして登録プロセスにあると述べました。


f:id:TakaINDONESIA:20220101174744j:image

5つのワクチンブランドは、

ファイザー、

アストラゼネカ、

コロナバック/ PTバイオファーマワクチン、

ジフィバックス、

およびシノファームです。

「近い将来、データが完成し、緊急使用許可(EUA)を発行できるようになることを願っています」と、ジャカルタの

人間開発文化調整省ビルのPMK

セクターブリーフィングでBPOM

ペニーKルキトの責任者は述べました。 

 

ペニーが以前に述べたように、

多くのCovid-19ワクチンについて、

データはまだ臨床試験を実施することによって追加免疫ワクチンとして完成されています。

彼は、臨床試験は、第1および第2または異種ワクチンで使用される異なるタイプのワクチン、および同じまたは同種のワクチンに対して実施されたと述べた。

 

「臨床試験は、異種ブースターワクチンまたは一次ワクチンの最初の2用量、すなわちSinovac、Pfizer、およびAstraZenecaワクチンとは異なるワクチンを使用して、保健省のBalitbangによって実施されています」とKompasから連絡を受けたペニーは述べています。 

「また、Sinopharmによる追加免疫ワクチンの臨床試験の過程にある」と

彼は述べた。

現在、多くの種類のCovid-19ワクチンが、同種の追加免疫ワクチンになるためにBPOMで登録プロセスにあります。

 

登録は他の国からの臨床試験の結果を使用したと彼は言った。

「他国の同種ブースターワクチンの臨床試験の結果を使用して、

ファイザー、

シノバック、

アストラゼネカワクチン、

およびジフィバックスブースターを使用したシノバック異種ブースターワクチンの登録が進行中です」と彼は述べた。

 

2022年の追加ワクチンとなる5つのCovid-19ワクチンは次のとおりです。

1.ファイザー
ファイザーワクチンは、ファイザー社とバイオエヌテックがメッセンジャーRNA(mRNA)プラットフォームを使用して製造しています。 このワクチンは、2021年7月15日にBPOMから緊急使用許可(EUA)を受けました。

第III相臨床試験データによると、このワクチンの有効性は12〜15歳の青年では100%でしたが、16歳以上では95.5%に低下しました。

いくつかの研究では、ファイザーワクチンの安全性がすべての年齢層で十分に許容されることも示されています。

ファイザーワクチンの使用は、

2回の注射で筋肉内投与することができます。

与えられる各注射用量は0.3mlであり、投与間の最小間隔は21〜28日です。

 

2.アストラゼネカ
アストラゼネカは、英国の製薬会社であるアストラゼネカとオックスフォード大学によって製造されたCovid-19ワクチンの一種であり、アデノウイルスの原理に基づいて製造されています。

BPOMは、2021年2月22日にEUA番号2158100143A1でアストラゼネカワクチンEUAを発行しました。

緊急使用許可は、国家薬物評価委員会およびその他の関係者との評価を行った後に付与されます。

アストラゼネカワクチンの有効性は62.1%です。 その後の使用で、このワクチンは筋肉内に2回注射されます。

与えられる各注射用量は0.5パーセントであり、12週間の用量間の最小間隔があります。

 

3. Coronavac / PTバイオファーマワクチン
Coronavacは、PT BioFarmaによって製造されたSinovacワクチンです。

BPOMは、2021年2月16日にPT BioFarmaによって製造されたCovid-19ワクチンの緊急使用許可を発行しました。

このワクチンの剤形は5mlバイアルです。 各バイアルには、不活化ウイルスに由来する10回分のワクチンが含まれています。

品質と品質を維持するために、Covid-19ワクチンは、摂氏2〜8度の安定した温度の保管場所に保管する必要があります。

 

4. Zifivax(中国製)
Zifivaxは、組換えタンパク質サブユニットプラットフォームを備えたAnhui Zhifei LongcomBiopharmaceuticalによって開発および製造されたワクチンの一種です。

つまり、ワクチンは、人体に注射されたときに免疫を誘発するスパイク糖タンパク質またはウイルスの小さな部分から生成されます。

BPOMは2021年10月7日にZifivaxワクチンのEUA(emergency use authorization

緊急使用許可)を発行し、

81.71パーセントの有効性を持っています。

Zifivaxワクチンは18歳以上に投与されます。 このワクチンは、最初の注射から次の注射まで1か月の間隔で3回筋肉内投与されます。

各注射で与えられるワクチンの用量は25mcg(0.5mL)です。

実施された臨床試験の結果から、Zifivaxワクチンは一般的に認容性(忍容性)

が良好でした。

 

5.シノファーム
シノファームワクチンは、プラットフォーム不活化ウイルスによって生成されるワクチンの一種です。 このワクチンはPTによって配布されています。 医薬品化学。

2021年4月29日、BPOMはSinopharmワクチンの緊急使用許可を発行しました。

アラブ首長国連邦(UAE)の研究者が約42,000人の被験者を対象に実施した第III相臨床試験の結果に基づくと、Sinopharmワクチンは78%の有効性を示しました。

シノファームに21日間隔で2回ワクチンを接種した場合の評価結果は、安全性の面で十分に許容できることを示しています。

 


ブースターになる

ヌサンタラワクチン計画

政府の態度が明確になるまで大量生産することはできません
ブースターワクチンは、BPOMからのEUAの発行後、2022年1月1日付けで提供される予定です。
したがって、ブースターのオプション、2022年後半に利用可能な新しい赤と白ワクチン(インドネシア製ワクチン名前らしいです)

Covid-19のパンデミックに対抗すれば、それを終わらせることができます。 歴史は、ワクチンが世界をパンデミックから数回救ったことを証明しています。

ワクチンは、科学の世界で最も価値のある発見の1つです。 躊躇せず、ワクチン接種を受けることを恐れないでください。 予防接種の最新情報を確認してください。

 

©2022PT。 コンパスサイバーメディア